徳山さんゲストブック
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
(注意)フォームに記入し、「投稿する」を押して、「投稿は正常に処理されました」という画面が出れば投稿成功です。ただし、掲示板へはすぐに反映されません。少々お時間をいただき、管理者が認証してから反映されます。スパム投稿に悩まされてこのようにいたしました。ご了承ください。
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[47] Re:[45] & Re:[46] 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2015/05/17(Sun) 16:37  

「トクサンです」さま、「とくやまN子」さま、ようこそおいでくださいました。
末永くよろしくお願いします。


[46] 夏休みのおでかけに! 投稿者:とくやまN子 投稿日:2015/05/17(Sun) 15:55  

みなさま、こんにちは。
揖斐川町のサイトでおもしろいツアーを見付けました。
旧徳山村に行くことが出来ます。
http://www1.town.ibigawa.lg.jp/kankoujyouhou/puchi/damu_chitei.html
アメリカから、美濃守の末裔さんが来日するので一緒に探検しに行こうかなと考えています。
夏限定なのかな?おもしろそうです!




[45] 無題 投稿者:トクサンです 投稿日:2015/03/22(Sun) 00:26  

私のお婆ちゃんが石川県辰口町の徳山でした



[44] Re:[43] ご参考まで2 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2014/12/05(Fri) 09:48  

> 度々、恐縮に候。

 いいえ、度々ありがとうございます。また情報がありましたらお寄せください。感謝です。


[43] ご参考まで2 投稿者:沖縄、大好きコ山です 投稿日:2014/12/02(Tue) 17:03  

度々、恐縮に候。
人名力:日本姓氏語源辞典より
トクヤマ 徳山
@岡山県真庭市蒜山上徳山・下徳山発祥。
戦国時代から記録のある地名。
A岐阜県揖斐郡揖斐川町徳山発祥。
地名は「徳ノ山」とも呼称した。
同地に南北朝時代にあった。
Bコリア系大韓民国忠清南道洪城郡徳山(トクサン)面発祥。
本姓は洪が主流。
C鹿児島県大島郡徳之島町亀徳(旧:秋徳)発祥。
江戸時代から記録のある地名。
秋徳の「徳」の字を使用したもの。
*新たな発祥地の発見ですかねぇ?!*
トクヤマ 渡久山
沖縄県宮古島市、沖縄県那覇市。
徳山の琉球形。
琉球音はトゥクヤマ。
沖縄県国頭郡今帰仁村運天の小字の渡久山は「徳山」と表記していた。
以上


[42] Re:[41] ご参考まで 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2014/11/30(Sun) 23:04  

> つまり、徳山姓=渡久山姓は同じということでしょうか?!

 「沖縄、大好き徳山です」さま、ようこそおいでくださいました。しかも、貴重な情報をありがとうございます。

 身近な Wikipedeia にこんな情報が載っていたなんて、気がつきませんでしたね。今後確認が必要ですが、かなり、ビンゴ!な気がします。

 ありがとうございました。これを契機に、どなたか、沖縄の徳山さん、渡久山さん、決着をつけるような情報はありませんか?


[41] ご参考まで 投稿者:沖縄、大好きコ山です 投稿日:2014/11/30(Sun) 15:01  

人名力沖縄県&沖縄県の名字Wikipediaから抜粋
薩摩藩による侵攻以後、家名に漢字を充てるようになる。
1624年島津藩による
「大和めきたる名字の禁止」の通達が出される。
日本風の姓は改めらるか当て字を換えた三文字などに変更させられた。例:徳山→渡久山
薩摩を含む本土から移住した人々も同様の改姓、改名が行われる。
これは、琉球を通じた中国との交易を継続する上で琉球をあえて、”異国風”に留めておきたいという狙いがあったとされる。
ただ、この政策は徹底されたものではなく日本風の家名も実際には多く残存した。
つまり、徳山姓=渡久山姓は同じということでしょうか?!



[40] Re:[39] 沖縄県の徳山性 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2014/11/29(Sat) 12:12  

> 沖縄県に徳山性と有りますが、ルーツがしりたいです。

 徳山定幸さま、ようこそおいでくださいました。

 ウェブにも書きましたとおり、沖縄県の徳山姓の由来については、まだ情報がほとんど寄せられておりません。ただ、このサイトの「(旧)ゲストブック」に、「現在は徳山を名乗っているが、祖父母は渡久山だった」とか、「今帰仁村にある渡久山は戦前は徳山だったと聞いています」という書き込みがあります。渡久山と徳山は関係が有りそうで、今帰仁村の方で経緯をご存知の方がいらっしゃるかもしれません。それ以上はまだ調べられておりません。

 なお、私の知る限り、江戸の旗本徳山氏の方も、岡山県川上村の徳山氏も、笠岡の徳山氏も、戸籍上は「心」の上に「一」の入った旧字を使っています。

 何かの折に、沖縄県の徳山氏について分かったことがありましたら、お知らせいただければありがたく存じます。よろしければ時々おいでください。ありがとうございました。


[39] 沖縄県の徳山性 投稿者:徳山定幸 投稿日:2014/11/24(Mon) 17:33  

沖縄県に徳山性と有りますが、ルーツがしりたいです。
りたいです。しかも、戸籍には旧漢字の徳の(心)の上に(一)が入ります。知る限り教えて下さい。


[38] 書き込みありがとうございました 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2014/11/20(Thu) 22:11  

「徳山家の食いしん坊」さま、「徳山てつんど」さま、書き込みありがとうございました。

 しばらく書き込みをいただくことがなかったのですが、人生悪いことばかりではありませんね(大げさ?)。今度は、2日続けての書き込み、感謝です。これからもよろしくお願いします。

 


[37] コ山神社の紅葉 投稿者:徳山てつんど 投稿日:2014/11/18(Tue) 10:24  

今年もまた、蒜山の亀さんのブログで、コ山神社の紅葉を掲載していただきました。ココは僕の祖先が祭られている神社です。岡山の山の中、蒜山の上コ山にあります。
1200年だ位から続いている、コ山族です。

紅葉をお楽しみください。

http://blogs.yahoo.co.jp/bfpjh0442000/archive/2014/11/17


[36] 徳山村・伝統料理”地獄うどん” 投稿者:徳山家の食いしん坊 投稿日:2014/11/17(Mon) 23:49  

みなさま、こんにちは!
徳山村の伝統料理”地獄うどん”を見つけ、作ってみました。
〜レシピ〜
乾麺をゆでる時、唐辛子も入れる。
茹であがったうどんに、魚の缶詰(シーチキン、鯖、いわしetc)とねぎしょうゆタレに絡めていただきます。
わたしは、たまごを入れました!
*クックパッドにも掲載されています*
おいしかったですよ〜






[35] 「徳山」のルーツ その2 投稿者:徳山てつんど 投稿日:2014/06/01(Sun) 20:48  

こんなのも見つけました。

コ山文書:岡山大学付属図書館蔵


 徳山家文書は美作国大庭郡上徳山村(現、真庭市蒜山上川上)の徳山家に伝来された古文書・記録類4,676標目 10,248点である。徳山家の初代といわれる徳山将監が南北朝末期に美作守護職赤松氏麾下の岩倉権守春時の家老であったといわれる。正平17年(1362)山名時氏の美作攻略後は山名氏に属し、一時は紀州に転戦し、居を構えたとされるが、後に旧里に帰り帰農したといわれる。文化・文政の頃に地元屈指の地主へ成長したと言われる。徳山家文書もその頃の田地売券・借用証文類が多い。鉄山経営史料も多い。



[34] 「徳山」のルーツ 投稿者:徳山てつんど 投稿日:2014/06/01(Sun) 20:46  

こんなのをみつけました その1

美作国徳山氏の歴史  「徳山一族」 (日本家系協会、平成10年)

「美作国の徳山氏は豪族なり。即ち、同国真庭郡徳山村より起こる。世々、上徳山の地頭職たりしものにて、応永年間の徳山右馬丞より、永禄の徳山新四郎に至る180年間、山中に於いて権威ありて、徳山屋敷などの古跡存す。その後、衰微して津山領となり、中庄屋たりという。」

  当地の徳山家の初代といわれる徳山将監は、南北朝末期に嫡男右馬丞とともに美作守護職赤松氏の重臣岩倉権守春時(上徳山岩倉城主)の家老であったといいます。このころ、伯耆の守護山名時氏は南朝に帰順していましたが、後に南朝側から離れたので、1353年、幕府は山名時氏の次男義理(よしまさ)を美作の守護にします。このため、美作の勢力地図は大きく変わり、岩倉権守春時は山名氏のために滅ぼされます。

  正平17年(1362年)山名時氏の美作攻略後、徳山将監は山名氏に属して、一時紀州に転戦し雨山城に居を構えますが、後に旧里に帰ったと伝えています。徳山家にはその時のものと伝えられる、応永2年(1395年)の「しゅうけん」から右馬丞に宛てた田地譲状1通が残っています。当時は兵農未分離の時代ですから、戦国時代に至るまで、美作の国人として勢力を張ったのでしょう。太閤検地などによって兵農分離がなされた頃から徳山家も帰農したと考えられます。

  江戸時代末期の文化頃の利左衛門から周蔵、集蔵の3代の間に、徳山家は急速に土地の集積を進め、文政5年(1822年)には100石を越えて、山中地方(真庭郡北部)屈指の地主へと成長します。徳山家は、「山中タバコ」の販売を営むとともに、酒・酢・醤油製造なども手がけ、上福田村庄屋、中庄屋などを歴任し、村内での指導的地位を確立します。また、周蔵、集蔵の代には鉄山経営にも乗り出し、美作から伯耆にわたり30数山の鉄山を持って、砂鉄の採取から鍛冶屋経営まで−つまり、鉄の採取から製品生産までの工程を一貫して経営する大鉄山師となっていきました。明治以降も、集蔵の孫朝太郎が川上村長を勤めるなど、地域の名家として存続しています。

 「川上村史」(昭和55年)などをもとに記述。

http://tetsundojp.wix.com/world-of-tetsundo


[33] Re:[32] 徳山家の山城跡 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2014/05/09(Fri) 12:18  

> こんなブログ、見つけました。

 徳山てつんど様、いつもおいでいただき、書き込みありがとうございます。
 このブログにもリンクを張らせてもらわないといけませんね。先方ともお話ししてみたいと思います。
 ありがとうございました。


[32] 徳山家の山城跡 投稿者:徳山てつんど 投稿日:2014/05/08(Thu) 13:41  

こんなブログ、見つけました。
でも、コメントもメールもできません。

http://saigokunoyamajiro.blogspot.jp/2010/04/blog-post_12.html

http://tetsundojp.wix.com/world-of-tetsundo


[31] 徳山家にまつわる企画展のご案内 投稿者:岐阜(玉名ルーツ)のコ山です 投稿日:2014/03/31(Mon) 01:10  

てつんどさま、はじめまして。
管理人さま、この場をお借りします。
HP拝見させていただきました。
分家騒動展は、場所を変え4月6日(日)まで各務原市中央図書館展示室(3階)にて開催しています。
内容に関しては、詳しく説明する力量がありませんのでお許しくださいませ。


[30] Re:[28] 徳山家にまつわる企画展のご案内 投稿者:徳山てつんど 投稿日:2014/03/30(Sun) 06:11  

岐阜の徳山さま、
美作のコ山の末裔です。
「分家騒動」、僕んちも分家です。なんだか興味がありますが…。ちょっと行けそうにもありません。
内容、知りたいです。
僕んちの件は、HPの中に書いています。

http://tetsundojp.wix.com/world-of-tetsundo


[29] Re:[28] 徳山家にまつわる企画展のご案内 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2014/02/23(Sun) 21:41  

> 管理人さま、皆さま、こんにちは。

 こんにちは。岐阜の徳山さま、ようこそおいでいただきました。

 企画展のお知らせありがとうございます。どんな内容なのでしょうか?すぐに行けないのが残念です。

 また、どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。


[28] 徳山家にまつわる企画展のご案内 投稿者:岐阜の徳山です 投稿日:2014/02/23(Sun) 00:59  

管理人さま、皆さま、こんにちは。
只今、岐阜県各務原市木曽川文化史料館4階にて
〜徳山分家領騒動〜として、企画展が催されています。
2月28日(金)までで、無料です。
私は、21日に行って来ました。
*旗本徳山氏の裁量の良さとお宝を見ることが出来、楽しめました!


[27] Re:[26] コ山神社 秋 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2013/11/07(Thu) 21:59  

> 蒜山の自然を愛している蒜山の亀さんが、コ山神社を取材されています。美しい紅葉を楽しみください!

 管理人の徳山です。美しいイチョウとモミジのお写真、拝見しました。いつもありがとうございます。


[26] コ山神社 秋 投稿者:徳山てつんど 投稿日:2013/11/07(Thu) 07:41  

蒜山の自然を愛している蒜山の亀さんが、コ山神社を取材されています。美しい紅葉を楽しみください!
僕ン穂にも、起債があります。写真は、亀さんからの借り物です。
http://tetsundojp.wix.com/woeld-of-tetsundo
です。

http://blogs.yahoo.co.jp/bfpjh0442000/62245188.html


[25] リンク 投稿者:徳山てつんど 投稿日:2013/08/07(Wed) 09:39  

ご了解を得て、「てつんどの世界」の家系ページとHPトップにこのサイトへのリンクを張らせていただきました。

私にとっては、ある種の身分証明になります。
フェースブックと、ツィッターにも紹介しました。

東京にお帰りであれば、折りがあればお会いしたいものです。

http://tetsundojp.wix.com/world-of-tetsundo


[24] Re:[23] リンク 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2013/08/06(Tue) 22:47  

> 僕のHP「てつんどの世界」の経歴(家系を含む)に、この「コ山姓の研究」にリンクを張りたいのですがお許しいただけますか?

 徳山てつんど様、リンクの件、もちろん大歓迎です。どうぞよろしくお願いします。

 ところで、2年余に及んだ仙台勤務を終え、8月から東京に戻ってまいりました。またお近くになりましたね。引き続きよろしくお願いいたします。


[23] リンク 投稿者:徳山てつんど 投稿日:2013/08/06(Tue) 06:01  

僕のHP「てつんどの世界」の経歴(家系を含む)に、この「コ山姓の研究」にリンクを張りたいのですがお許しいただけますか?

http://tetsundojp.wix.com/world-of-tetsundo

http://tetsundojp.wix.com/world-of-tetsundo#


[22] Re:[21] コ山神社 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2013/06/02(Sun) 11:36  

> 管理人さん、お元気ですか?
> 僕の方は歳を考えて、自分のエンディングノート、自分の塑像を作ろうと新しいHPを立ち上げました。

 徳山てつんど様、いつもありがとうございます。
 新しいHP拝見しました。いつも、品の良いデザインと読みやすい文章をお書きですね。お父様が画家でいらしたことも初めて知りましたが、それで素質がおありなのでしょうね。そういえば、お顔やお歳も初めて知りました(笑)。私より、15年ほど先輩です。これまで失礼をいたしました(笑)。
 エンディングへの準備は準備として、末永くお付き合いください。私の父も、エンディングへの準備を始めてから15年以上元気でしたから。
 書き込みありがとうございました。これからもよろしくお願いします。


[21] コ山神社 投稿者:徳山 投稿日:2013/06/02(Sun) 07:41  

管理人さん、お元気ですか?
僕の方は歳を考えて、自分のエンディングノート、自分の塑像を作ろうと新しいHPを立ち上げました。

美作の国、上コ山の「コ山神社」の写真を見つけて、系譜に添付しました。孫たちが大きくなったら、じいじの姿を垣間見ることができるように…。

http://tetsundojp.wix.com/world-of-tetsundo


[20] Re:[19] 27代目 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2013/01/24(Thu) 20:46  

> まだ、仙台ですか?
> 今年は雪が多いようですね。

 はい、仙台3年目に突入しました。引き続き、復興に関わっております。
 私が来てから、どういうことでしょうか? 3年続きの豪雪です。特に今年は多いですよ。先週仙台でも20cmの積雪があり、気温が低いので解けないうちに明日からまたユキの予報です。国見の丘は、さらに雪深いですよ!

 このゲストブック、てつんどさんとの文通コーナーになっていますが(笑)、最近、書き込みしてくださる方も少ないので、まあ良いですかね。(^_^;)
 また、よろしくお願いします。


[19] Re: 27代目 投稿者:コ山てつんど 投稿日:2013/01/23(Wed) 22:15  

まだ、仙台ですか?

天気予報を見るたびに、5年住んだ仙台に目が行きます。
今年は雪が多いようですね。
川内はどうでしょう。

横浜に帰っていてよかったなぁと思います。
お大事に!

htt


[18] Re:[17] 27代目 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2013/01/23(Wed) 12:10  

 徳山てつんど様、お久しぶりです。いつも、おいでいただき、ありがとうございます。

 今年も寒い冬ですね。このまま行くと、3年続きの豪雪年になりそうです。爆弾低気圧とか、日本の気象も変ですし、地震の活動期に入ったというのも本当かもしれません。

 徳山姓の発祥の地として、今までの調べで明らかになったのは、岐阜県の徳山と岡山県北の徳山の2カ所です。いずれも、20代以上続くご本家がしっかり守っていらっしゃいます。岡山のご本家の安泰を祈るばかりです。

 また、時々おいでください。お待ちしております。


[17] 27代目 投稿者:コ山っつんど 投稿日:2013/01/23(Wed) 07:34  

今年になって、大山付近は大雪。
心配になって、故徳山博さんの奥様にお見舞いのпB
8x歳で車の運転。元気そうです。

懸案の27代目の当主、相変わらず決まらず。
心配していました。

お孫さん二人は神戸と東京。
田舎に戻ってくれるか…とやきもき。
600年も続くご本家にとっては一大事。

でも、こうやって限界集落はなくなっていくのかもと、ちょっとさびしいですね。

http://www10.ocn.ne.jp/~ttsund03/


[16] Re:[15] ありがとうございました 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2012/09/10(Mon) 21:07  

> 曽祖父の名前が長男なのに徳山十太郎だったので不思議におもっていたのですが何か関係があったのかもしれませんね。同じ時代ですので。

 徳山真さま、このサイトをよくご覧いただき感謝です。
確かに、お名前の感じからすると、何か関係がありそうではありますね。曾祖父というと、おそらく明治初期のお生まれくらいでしょう。明治7年の基本帳に載っているお二人は、その時点で家長でしょうから、もう1−2世代古い方になると思われます。除籍謄本などをおとりになって、その中にこのお二人のお名前があったらビンゴ!ですけどね。

 こちらももう少し調べてみて、新しいことがわかったらお知らせします。何か情報があれば、差し支えない範囲で結構ですので、お教えいただければありがたく存じます。
 またおいでください。


[15] ありがとうございました 投稿者:徳山 真 投稿日:2012/09/10(Mon) 09:09  

細川藩藩士名簿を調べていただきありがとうございました。曽祖父の名前が長男なのに徳山十太郎だったので不思議におもっていたのですが何か関係があったのかもしれませんね。同じ時代ですので。


[14] 細川藩に徳山氏発見!! 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2012/09/09(Sun) 15:09  

 細川藩の士族名簿をチェックすることができました。何と!ありました、ありました。徳山家が2家見つかりました。

 インターネット上に「肥後細川藩拾遺」というサイトがあり、ここで、明治7年の「有禄士族基本帳」(肥後細川藩、宇土藩、高瀬藩の禄を受けていた士族の名簿)が紹介されていて、以下の2家がありました。

 ・徳山隆太郎
 ・徳山源十郎

 徳山真さんからお教えいただいた、「細川家が熊本に移った時に一緒に来た」というのは、信憑性がありそうです。肥後細川家は、和泉守護→足利将軍家近臣→織田家配下→丹後→豊前→肥後と移ってきていますので、徳山氏はこのいずれかの段階かで細川家に仕えたものと思われます。面白いことになってきました。

 徳山真さん、ヒントをありがとうございました。熊本在住の皆様、そのほかの情報がありましたら、お寄せください。


[13] Re:[12] 玉名出身の徳山です 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2012/09/04(Tue) 22:21  

> こんにちわ、このサイトは何度か楽しく見させていただいてました。

 徳山真さま、何度もおいでいただき、書き込みもいただきましたこと。誠にありがとうございます。

>  玉名の徳山については父が生前、細川家が熊本に移った時に一緒に来たといった話をしていましたが本当かどうか定かでありません。

 貴重な情報をいただきました。玉名郡には多くの徳山さんがいらっしゃいますが、名字の地がどこなのか、ルーツがわかっておりません。このようにいろいろと情報をいただく中からわかっていくものと思っております。とりあえず、細川藩の藩士名簿を当たってみる必要がありますね。

>  また何か分かったらメ−ルします。

 どうぞよろしくお願い致します。「ゲストブック」でも良いですし、「管理人へのメール」から直接メールをいただくことも出来ます。お待ちしております。


[12] 玉名出身の徳山です 投稿者:徳山 真 投稿日:2012/09/04(Tue) 15:48  

こんにちわ、このサイトは何度か楽しく見させていただいてました。全国に徳山さんが大勢いらっしゃるのに驚いていました。今年父の13回忌のため写真を探していたところ古い戸籍がでてきて自分のル−ツを江戸時代後期まで遡れました。私の祖父は熊本県玉名の出身です。戸籍には高祖父まで載っておりました。江戸時代まで自分の祖先を知ることができて不思議な気分でおります。玉名の本家には徳別当という祠があり、地元の新聞には縁結びの神様と紹介されておりますがかなり古いもので詳細は不明です。父が子供のころ祠を掘ろうとして大目玉をくらったと話していたことを思い出しました。現在本家には誰も住んでなく本家の人は東京都目黒に越してきています。ちなみに私は千葉県柏市に住んでおります。
 玉名の徳山については父が生前、細川家が熊本に移った時に一緒に来たといった話をしていましたが本当かどうか定かでありません。また何か分かったらメ−ルします。


[11] Re:[10] わたしも徳山です! 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2012/07/22(Sun) 22:03  

 吉田の徳山さま、ようこそおいでくださいました。
 私も本籍は吉田ですので、ご親戚ですね。

> 徳は心の上に一本線が入るのですが、入るものと入らないものと違いがありますか。

 笠岡の徳山さんは戸籍上、一本線の入る徳の字を使っている方がほとんどなのでしょうね。私のうちもそうです。全国的には、戸籍上はどちらもあるようです。通常は、こだわりのある方は日常も旧字を使っていて、そうでない方は、戸籍と運転免許証だけが旧字というケースが多いのではないでしょうか。
 なお、このサイトで徳山姓の分布などを調査する場合にはこれを区別しておりません。解析の元になる電話帳のデータに区別がないので、分けられないのです。

 よろしければ、時々おいでください。書き込みありがとうございました。
 


[9] Re:[8] これは… 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2012/02/16(Thu) 21:29  

 小田原の徳山さま、お久しぶりです。ようこそおいでくださいました。

 岐阜に領地を持つ旗本徳山氏の資料でしょうか?あるいは、別の徳山家でしょうか?
 情報ありがとうございました。


[8] これは… 投稿者:小田原の徳山 投稿日:2012/02/15(Wed) 14:58  

お久しぶりです。
このようなHPを発見しました。
http://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku-bunka-sports/shakaikyoiku/kankeikikan/rekishi-shiryokan/mokuroku/rekishi/4akaza/akaza1-kinse2.html


[7] Re:[6] 最後の墓参り 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2011/11/03(Thu) 22:09  

 徳山てつんど様、お久しぶりです。ようこそおいでくださいました。

 岡山県上徳山のご本家にいらっしゃいましたか。600年続いた旧家のたたずまい −− 私も伺った日のことをよく覚えております。博さまからいろいろなお話しを伺いました。

 また、時々おいでください。


[6] 最後の墓参り 投稿者:徳山てつんど 投稿日:2011/11/01(Tue) 09:12  

岡山と鳥取の県境の上コ山。

800年の歴史のある「般若寺」で、父、姉、祖母を含む先祖の墓に参ってきました。

ご本家、蔦に〇に家紋のご本家にもお伺いしました。
600年続いた家の27代をお孫さんがが継げるかどうか心配だと、亡くなった博さん(25代目)のご高齢の奥様がおっしゃっていました。

米子からレンタカー。もう行くことはない旅。大山、蒜山、日本海を楽しみました。

てつんど

http://www10.ocn.ne.jp/~ttsund03/


[5] Re:[4] 北海道の徳山です 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2011/10/06(Thu) 21:39  

> 2007年に訪れたものです。
> ご無沙汰でした。

 徳山H様、お久しぶりです。ようこそおいでくださいました。

 ルーツ調査、除籍謄本をお取り寄せになったのですね。思い立って一気にやらないと、いつかいつかと思っているうちに時間がたってしまいますよね。

> 確か180年位前までたどり着き、熊本・玉名郡でした。

 玉名郡には多くの徳山さんがいらっしゃいます。でも当サイトにいらっしゃった方は初めてだと思います。玉名の徳山氏がどこから来たのか、まだわかっていません。

> 必要であれば情報提供いたします。

 おわかりになったことがありましたら、差し支えない範囲でお教えいただければ有り難く存じます。
 別途、メールさせていただきます。
 書き込みありがとうございました。


[4] 北海道の徳山です 投稿者:徳山H 投稿日:2011/10/06(Thu) 20:44  

2007年に訪れたものです。
ご無沙汰でした。
その後、ルーツを調べてみました。

確か180年位前までたどり着き、熊本・玉名郡でした。
80年間戸籍に動きがないと、末梢されるとは…

必要であれば情報提供いたします。

頑張り過ぎず頑張ってお過ごしくださいませ☆彡





[3] Re:[2] ビックリしました! 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2011/05/22(Sun) 18:20  

> びっくりしました。実は僕は、この2月末に仙台から横浜に戻りました。

 徳山てつんど様、たびたびの書き込みありがとうございます。旧ゲストブックでは、書き込みがうまくいかず、ご迷惑をおかけしました。新ゲストブック第1号です(感謝)。

 さて、こちらもびっくりです。今度は仙台でチェルト君ともお目にかかれると思っていたのですが、見事に入れ違ってしまいましたね。
 さらに、3.11午前で仙台を離れるなんて、何というタイミングなのでしょう。恐れ入りました。強運を少し分けてください。

 ただ、私の方も大きな被害はなく、貴重な経験をいたしました。今ではだいぶ落ち着いています。
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。


[2] ビックリしました! 投稿者:徳山てつんど 投稿日:2011/05/22(Sun) 16:34  

管理人の徳山さま、

2011/04/02に管理人さんの下記、書き込みがありました。

(返信を書き込むのが遅くなりました。実は管理人は1月から仙台に住んでおりまして、東日本大震災の直撃を受けました。その復旧に関わっております。)

この記述にびっくりして、次のような書き込みをいたしました。

「元・仙台の徳山から、今・仙台の徳山様へ」

びっくりしました。実は僕は、この2月末に仙台から横浜に戻りました。

そして、売却した仙台のマンションの引き渡しの日が、奇しくも3月11日のAMでした。

もともとは、14:26の「はやて」を予約していましたが、引き渡しが早く終わったので、小雪もふりはじめましたので、早く帰ろうと仙台駅に向かいました。
幸い、12:26の「はやて」に変更ができたので、その「はやて」で東京まで戻りました。

横浜から、京急に乗って金沢方面に向かう途中、14:46の大震災で、電車の中に閉じ込められました。
1時間40分くらい閉じ込められましたが、その後、線路を歩いて戸部駅まで戻りました。
そこから横浜駅まで歩いて知っているホテルを訪ねましたが、すでに満室。
横浜駅の中央コンコースに段ボールを敷いて、帰宅難民になりました。

幸い、横浜・西区が避難所を設けてくれたので、一時避難。
TVでしか見たことのない、体育館でカップめんンと毛布をいただき、翌朝、4時半にタクシーをさがして、5時過ぎに自宅に帰りました。

これは強運だと、神様に感謝しました。

仙台のマンションの買主さんも多賀城で被災され、水道以外は無傷だった元僕のマンションに避難されました。
ご家族4人が落ち着かれたようで、売り主の僕も安堵しています。

そこに管理人さんが、仙台に1月から居住されていて、被災されたと聞き、お見舞いの書き込みをしようとしたわけです。

書き込みは、二度ほどトライしましたがダメでした。

「荒し」もさることながら、管理人様の被災からの早い復興を願っています。

強運の徳山より。

http://www10.ocn.ne.jp/~ttsund03/


[1] 掲示板を更新しました 投稿者:管理人の徳山です 投稿日:2011/05/21(Sat) 14:53  

 ゲストの皆様

 いつも「徳山ネットワーク」においでくださり、また、「徳山さんゲストブック」に書き込みいただきありがとうございます。

 最近、掲示板荒らしの被害が増えておりました。また、その対策としてとった各種アクセス制限のために、一般の書き込みが拒否されるケースがありました。これらを改善するため、掲示板のソフトを新しいものに致しました。投稿キーを入力いただくタイプのスパム投稿対策付きのものです。お手数ですが、よろしくお願いいたします。

 また、旧ゲストブックの過去ログについては引き継がれず(ていうか、引継ぎ方がわからず(笑))、別のページに掲載することとなりました。恐縮です。

 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -