HOMEバケパンダの記録[管理]
2018年   10月  
 2018年10月13日(土)   第1次長期出張の始まり・・・
明日、福岡県に移動する。
そして月曜から金曜まで現地で仕事。

金曜の夜だけは、近場でもある故郷下関に少し立ち寄り、土曜日
に千葉に戻る。
翌日曜日は、家で次の出張の準備。

で、翌月曜日に山口県に移動し、また金曜日まで現地で仕事。

要は、2週間ぶっ続けといっていいような出張になるって事だ。

これが今年の、第1次長期出張。
第2次は11月最終週になる。その時は3週間ぶっ続けだから、
さぞや大変だろう。

疲れるのぉ〜(−_−)
▲top
 2018年10月9日(火)   ひとつの一大イベントが終わった
俺にとっての一大イベント。
それは人間ドック。
今日、朝から病院に行って、やって来た。

ここ数年、毎年人間ドックをやっているが、今回いつもと違った
のは、昨年まで続けていたバリウム検査をやめて、内視鏡検査に
切り替えたことだ。
内視鏡・・・すなわち胃カメラ・・・

思えば16年前。大阪に住んでいた頃、胆石による腹痛で1年近
くつらい思いをした事があった。その時、胃カメラを1度だけ経
験した。
もう苦しくて、思い出すだけでも身の毛がよだつ。
目から涙、鼻から鼻水、口からヨダレがダムが決壊したが如くに
流れだし、しかも息ができずに窒息死寸前。
医者も一旦口からカメラを抜いて、困り果てた顔をしていたのが
鮮明に記憶に残っている。
その恐怖が故に、その後二度と胃カメラ検査を受けることから逃
げてきていた。

昨年人間ドックで検査を受けた際に、看護師さんに「来年あたり
内視鏡をした方がいいですよ」と言われ、仕方なく今回思い切っ
た次第である。

16年前と違い、今では口から入れるのではなく、鼻から入れる
方法もあり、人に言わせると鼻の方が楽だと聞いていた。
が、今日医者と相談している中では「人それぞれです」と言われ
て困惑。
どちらも苦しいとしたら、鼻の痛さや苦しさは経験ないだけに恐
ろしい。
で、口にした。

まずは準備万端整える。
最初に液体の薬を飲まされた。何の薬か分からないが、昨夜から
何も飲まずにいたので、そこそこ美味しく飲めた。
次に、喉の内側を麻痺させる薬。スプレーノズルを口に入れ、奥
めがけてプシュッ!
歯医者で歯を抜く時の麻酔に似た感じで、喉の奥の感覚がなくな
った。
更には全身麻酔(かな?)・・・これは注射である。完全に眠っ
てしまうほどの威力はないが、なんとなく頭がボンヤリして快適
効果を生む・・・と言われたが、あんまりボンヤリした感じはな
かった。

そして、いざカメラ挿入。
俺の口にカメラを差し込んだ看護師さん。いや、医者かな?
めちゃ若くて可愛い女性で、それだけが頑張ろうという気持ちを
維持させてくれた唯一の材料だった。ちょうど新垣結衣と桐谷美
玲を足して2で割った人を5歳くらい若返らせたような人だった。
あぁ・・・愛してしまいそう・・・・

が、どんな美人にされても胃カメラの苦しさに変わりはない。
涙とヨダレの激しい噴出に閉口。
ただ、16年前より多少は楽だったのか、鼻水が出ることはなく、
しかもえずきながらも、一発でクリアできた。

さて、結果。正式な検査結果は3週間後くらいに郵送されてくる
そうだが、とりあえず今日の段階では、小さな良質のポリープが
幾つかあるが、特に問題はなし。ただ逆流性食道炎になっている
と言われた。
何だかオマケみたいに言われたこの病気、即時治療を要するもの
でもないようだが、何だか嫌な気分である。

その他、全体的には問題はなかった模様。
唯一ひっかかるのは、前回受けた時より、体重が5キロも増えて
いる点。いや、太った事については自覚していたから、どうとい
うこともないのだが、驚いたのは体脂肪率。
体重が5キロも増えているのに、体脂肪率が大幅に落ちているの
である。
看護師さんが「筋肉がついたって事ですかね?」なんて皮肉に満
ちた笑いを飛ばされたが、スポーツレスの俺の体に筋肉なんてつ
くわけがない。

一体なんなのだろう・・・・(笑)
▲top
 2018年10月8日(月)   もう・・・ワヤ!。゜゜(´O`)°゜。
ブルーレイ・レコーダーの調子が悪い事は、先日書いた。

それでも頑張って(?)、今日HDDに録画しておいた
テレビ番組を3っつ、BDディスクにダビングしてみた。
すると、なんと!
うまくいった。ちゃんとダビングできたのだ♪

こんな当たり前の事に感動する日がくるとは思わなかっ
たが、悲しいのはその後。
その録画済みディスクを取り出そうと、イジェクトボタ
ンを押すと、何だか機械の中からカタカタと嫌な音がし
だした。
ディスクの中を読みにいっているようだ。
余計なことをせず、さっさとディスクトレイを開ければ
いいのに、結局その「読み」の作業がディスクを破損さ
せてしまい、1枚潰してくれたのだ。

唖然とした・・・・。゜゜(´O`)°゜。
▲top
 2018年10月7日(日)   暑い!
昨日あたりから、また急に暑くなった。
家のリビングのエアコン設定なんか、20度にして丁度いい。

寝る時もエアコンつけっぱなのだが、それでも起きるとじん
わり汗が滲んでいるから堪らない。

先週の風邪がイマイチ治っていない状況で、この異常気候。
なんだか、春まで風邪も治りそうにない気がする。

困ったものだ(−_−)
▲top
 2018年10月5日(金)   卒業
今日のニュースで、乃木坂46の能條愛未が12月に卒業
すると発表した事を知った。
乃木坂46といえば、最近西野七瀬が12月に、若月佑美
が11月に卒業すると発表したばかりで、グループとして
は卒業大流行のようだ。

さて、今日の課題は「卒業」であって「乃木坂」ではない。

最近、若い連中が会社を退職する際、「退職します」と言
わず「卒業します」と話す輩が増えてきたと聞いた。

何じゃそりゃぁ!?
と、俺なんかは思う。

この「卒業します」は、モーニング娘。あたりから始まっ
たセリフだったと記憶しているが、モーニングにしろ、A
KBにしろ乃木坂にしろ、そこを脱退するというのは、根
本的に会社を辞めるというのとは全く内容が異なる。

アイドルグループは、基本的に過去も現在も、そして未来
にかけても、やる事に大差がない。勿論時代の先端を行く
為のいろんな施策はあるだろうが、その社員ともいえるメ
ンバーは、常にプロヂューサーの言いなりで動いていれば
いいわけだ。
グループの特性上、若い世代のメンバーが多いというのも
共通している。20代半ばともなると、もうベテランであ
る。

対して企業は、全く違う。
若い頃は上司の言いなりで動いていれば良いが、やがてベ
テランになってくると、自分が上司の立場に立って、指示
を出す側にまわる。その中では、若い頃求められていたモ
チベーションの高さや行動力、積極力だけではなく、発想
力や企画力、説明力、部下を使う為の人望やら、業務によ
っては経営力までつけていかなければならない。それだけ
の力を身に着けるには、まさに何十年もの時間を要する。
だから企業の場合、20代半ばの社員なんて、ベテランと
呼ぶのもおこがましい世界といえる。

そんな中で、入社数年の、新人に毛の生えたような世代の
連中が、偉っそうに「卒業します」と語ること自体、片腹
痛い思いがする。
卒業するというのは、そこでやるべき事をすべて終えたか
らするものであって、そういった連中の意図の大半が

 ・仕事(または会社)が面白くないから逃げたい
 ・仕事がきついから逃げたい
 ・人間関係をうまく持てないから逃げたい
 ・通勤がきついから逃げたい

等々、つまりは「逃げたい」という思いから退職するとい
うものである。
これのどこが「卒業」か?
我慢の足りない根性無しが、ただプライドだけは無駄に高
く、「退職します」というと、いかにも「逃げます」と解
釈されそうなのを恐れて、「卒業」という言葉を隠れ蓑に
自分の立場を守ろうとしているだけなのではないか?

だから、ひとつの企業で何十年も歯を食いしばって頑張っ
てきた者達にしてみれば、若造の「卒業します」なんて能
天気なセリフを聞いて、「おぉ、よく頑張ったな。卒業お
めでとう」なんて言葉はまず浮かばず、「おぉ、逃げたき
ゃ逃げろ」という気持ちにならざるを得ないだろう。

世の中が、どんどんおかしくなっていく現象のひとつであ
る。

困ったものだ(−_−)
▲top
 2018年10月1日(月)   午前1時
千葉県、只今暴風域ど真ん中。

外から風の音が轟々聞こえてくる。
時折、高いヒューってな音がすると、まるで女の悲鳴にも
聞こえるのが、気持ち悪い(−_−)

あぁ・・・
今日が休みで良かったぁ〜!
電車も止まりまくるんだろうなぁ・・・・

******************************************************

さて、話は変わる。

今日から、とんでもない事が起こる。
何って?

タバコの値上げだよ!(−_−)

いつになっても、迷惑な話は出てくるものだ。
▲top
CGI-design